俺のマシンはいったい?


俺の Hinote が壊れて入院してからもう 2週間が経った. 既に 4回修理した経歴があるので, 「あーあ, またかよ」という かんじである. しかし, 以前の修理は非常に迅速だった. 全部 5日で治って帰って来た. ところが今回はどうだ. もう 2週間になるのに音沙汰無いのう. と思ってたら, 今日電話があった.
dec	「マザー, 端子に加えて, 液晶も交換となります. 」
俺	「はあ, そうすか」
dec	「それがですね. 液晶の部品を, 切らしてまして. 
	納期が 10/20 にならないと判らないのです. 」
俺	「つまり,  10/20 にならないと, いつ直るのかすら判らないということで
	すか?」
dec	「申し訳ありません」
噂では, compaq に吸収されてから, dec の社員の人びとは, やる気ゼロの駄 目人間となっているというが, どうも, 日本法人でもそういう事らしい. まあ, 会社がどうなろうと俺の知った事ではないが, 俺の計算機が直らないとい うのは非常に困る.
俺	「それで, 一体なおるんですか. 直らないという可能性は?」
dec	「いや, それはありません」
どうだかね. 本当に直してもらえるのかね. とにかく, 直るかどうかも怪しいわけで, いつ直るのかは見当もつかないという 悲惨な状況だ. しかし, 待っていても何も良い事は無いので, Windows を X端末にする vnc というプログラムをインストールした. いろんな使い方ができるのだが, 俺の場合は, という段取りで, Xクライアントを Win に表示している. ちゃんと xv とかで画が見られるのがありがたい. 役所テイストがブッチギリの息苦しい環境の中に, 突如自由の窓が開くのは, な かなか素晴らしい眺めである. 日本語の問題をどければ, netscape も unix 版の方が使いやすい(無茶がきく) し, なによりデスクトップがたくさんあるのが嬉しい.