サイコミュ!


その後, しょうこりもなく視線入力デバイスについて, 妄想をめぐらせていた.

たまたま ゐんどうず ではマウスのボタンは 2個で, 目玉も 2個あるので, まばたきでクリックするというのは, 一見悪くないかもしれないが, 実は, 極めて厳しいところもある. ダブルクリックである. 左目だけで, 2回まばたきするのは, なかなか難しい.

しかし, もっと本質的な問題がある事におれは気が付いた. それは, drag & drop である. 目をつぶったままでは, アイコンをどこへ動かしていいのやらわかんないのだ. この場合は, クリックボタンをどこかに別に用意して, 目玉はポインタ操作だけ に用いるか, あるいはモディファイアを使って, まぶたを開いてても 閉じた状態と入力されるようにする必要があるのかな. 例えば口を開いたままで瞬きすると, drag できるとかね. でもこれだとみかけがスゲエ間抜けだし, それに, タバコ吸いながらdrag できないんだけど.

他にも瑣末ではあるが, X のユーザにとっては深刻な問題がある. X で 3ボタンエミュレートしているときは, やはり両目でまばたきが, 真中 クリックなのであろう. この場合, もし, 両目まばたきが独立のイベントとして認識され る場合は, 左ダブルクリックは非常にむずかしいものとなろう. やってみればわ かる. 3ボタンエミュレートじゃない場合は, べつにそういうことをする必要は無く, 両目まばたきも左クリック(あるいは右か, このへんは, bios で設定できるよ うにしといてほしい. )にしとけばいいわけで. 大きな問題は無いわけだが.

瞬きでクリックというのは, 止めた方がよさそうだな. テキスト入力とかで, ク リックの必要が無いときには, 目玉を「くわっ」と見開いたまま居ないといけな い, とかだったら, すげえ嫌だから. もちろん, ちょっとした操作で, まばたきクリックを off にしとけば問題無い わけだが, トラブルが発生する可能性があるときは, トラブルが発生する (マーフィーの法則). 「こうしとけば問題ないのになあ」という場合は, かならずそれが出来てないプ ログラムというのが存在するものなのだ.

たいていのコンピュータの操作においては, 足が余っていて貧乏ゆすりくらいに しか使われていないので, クリックボタンをペダルにすればいい. ダブルクリックとか, シャッフルクリックとかトリプルクリックとかあると, もっ と楽しい. 俺は右足の方が連打が得意なので, 左クリックは右足に割り当てよう. しかし, こうなると, 俺の好きな, あぐらをかいて, 膝の上でコンピュータを使 う, というのが非常に厳しいな. てゆうか, 無理だな. やっぱりペダルはオプションだろうな.

つまんない解決だけど, 普通のノートパソコンみたいに, スペースバーのすぐ下に, クリックボタンを用意するのが, 一番確実だろうな. まばたきクリックはオプションにしとけばいい. まばたきは, 大部分意図して行う動作ではないので, これを計算機の本質的な操 作にいきなり割り当ててしまうというのは, まずいかもね.

ああ, 「サイコミュ」かい. そういうものを作るなら, ぜひとも セキュリティをしっかり作ってくんな. でないと, ララアとかが死んじゃうよ. 「ララア, 敵と戯れるな!」とかいっても無駄だよ. そういうザルなものを作ったフラナガン機関がタコなのさ.

毎回, ちゃんとしたテーマがあったりするが, それはたまたまで, これは私のラクガキコーナーなので, 思い付いたことをそのまま書き付けている わけですよ. 今回は特にテーマ無し.

そういや, えぬちー が Linux よりも 倍だか 3倍だか速いというテストが, 一時期, 一部で物議を醸しておりましたが, あれはどうなんですかねえ. 「えぬちー の方が Linux より速い? んなわけないでしょ」というのが, 一部見識者の意見であろう. 俺は, えぬちー はちょっと触った程度だが, あれはマイクロソフトの製品でな く, フリーだったら, かなり楽しくて, はまるシステムかも. けっこうよくできてるし. いや, そんなことは無いか. やっぱり Bad Design 大賞て感じだよな. 普通は, 触ってたら嫌になるか.

スピードは, 比較したことが無いので何とも言えないが, 少なくともディスクの I/O に関しては, Linux よりも えぬちーの方が性能が 良いというところもあると聞く. OS のサイズがでかいので, 起動に無闇と時間 がかかり, タコなレジストリのおかげで終了にも無闇と時間がかかったりする場 合があるので, 「えぬちー? 遅ェ! 論外!」という意見が多いのだろう. 一旦起動すれば, アプリケーションが動作しているのを見ると, 無闇と遅いということはないようにも思えるが.

まあ, サーバにする場合は, 別に遅くてもちゃんと動けば良いわけで, 性能が問題なら, クラスタリングとか SMP とかいろいろ抜け道はある. もっとも基本となる信頼性と, メンテナンス性から言えば, 実働サーバとして えぬちー を選ぶ度胸は, 俺には無いが.

つうか, 今, 一番熱い宗教戦争は, えぬちー 対 Linux だよな. ゴリ押しの defending champ 対, Internet hackers だ. 多分に好き嫌いで決まる話題で, かつ, 守備範囲が重なる所が多いので, こりゃあ熱いわ. いや, でも, 世の中広いですからね. 利害関係無しでも, 純粋にアレが好きだって奴が居るんですよ. 一種の病気でしょうね. 俺は, Mac が好きだという奴には, 友達は幾らでも 居るが, 「ま」が好きだ, って奴で友達は居ないなあ. だって, そういう奴って人格も Bad Design 大賞なんだもんね.

宗教戦争といえば, えぬちー 対 Linux ほどメジャーではないが, その熾烈さでは, これを遥かに超えるものがあるのが, *BSD 対 Linux だ. つうか, BSD ユーザって, みんな恐いんだもんね. まじで. 雑誌の BSDの記事とかでも, 宗教戦争やる気満々, そこまで書くか?普通, てのとか, Linux 一切無視, てのがあるし. 変なこと聞いたら, アカウント消されたり ML から追い出されそうで, 本当におっ かないです. 昔, うちの大学の ネットワーク運用センタの DNS の講習会に出席した時, 講師が「使ってる OS は何ですか?」と出席者に訊いて, 俺が Linux の所で手を上げたら, 後ろで「ケッ」とかぬかしやがった奴が居たも んね. なんせ東工大は BSD のキバシロじゃからのう.

すげえ久しぶりに風邪ひいた. 俺は, 風邪はひかなくても, 食中毒とか歯とかで, 結構熱だしたりしてるんだが, 今回は, 風邪で, かなり厳しいです. 腹に来てます. ゴロゴロです. 熱は 38.5 で, たいした事ないわけだが, 腹に来るのは厳しい. 食っても身にならんし, 脱水になるし. 脱水すると, 血が濃くなってだるくなる. 尾篭な表現で 申し訳ないが, ケツの穴から元気の素を「すいー」と抜かれるみたいでな. 本当にだるいのよ. もう寝るしか.

こないだ望遠鏡で火星を見た. うちは, ベランダが南を向いており, 家の正面は駐車場と空き地なので, ベランダに望遠鏡を出すだけで星が見れる. 北は全然見えないので赤道儀の調整が出来ないわけだが, 望遠で長時間露出の写真とるわけじゃないので, そう神経質になるものでもない. それより, 部屋で酒とか飲みながら, ベランダで望遠鏡を見れるのは, わりかしらくちんで, ナイスな娯楽である. 手近にパソコンなどがあり, それに xephem の最新版などがインストールされて いると, もっといい. fifo で xephem から望遠鏡がコントロールできると, 文句無い. もっとも, これができるためには, 望遠鏡側に相当の装置が必要だが.

ちょっとめんどくさい話だが, 最近気になった事を一つ. 報道されていた, 火星と地球がいちばん接近する時刻と, 地球上の特定の地点(たとえば, 日本付近)が火星ともっとも接近する時刻は, 同じではないのだ. 日本付近が火星にもっとも接近したのは, 5/1 の 23h30m頃だった. 一方, 地球が火星にもっとも接近するのは, 5/2 の 2h30m頃だった. この違いは何に起因するのか? それは地球の自転だ. 観測地点あるいは観測対象が地軸上にない限り, つまり観測地点に関して言えば, 地表においては, それは北極と南極以外では, ということになるわけだが, 観測地点と天体の距離は, 地球(の中心)とその天体の距離以外に, 地球の自転の影響を受ける. 地球はけっこうでかいので, 自転の影響は, 無視できない大きさなのである. つまり, 地球がいちばん火星に近付いた時刻と, わしらが火星にいちばん近付い た時刻は同じではない. このへんは, xephem で計算してみるといい.

久しぶりに本屋に行ってみた. Linuxブームとやらで, 「乗り遅れるな!」みたいな煽り文句で本が平積みだ. 大丈夫だよ, みんな. 乗り遅れても, すぐ追い付くさ. 俺は, 3年ほど Linux を使っているわけだが, その俺にしても, 隔世の感がありますな. とかいって, 俺が何かしたわけではないのですが. それにしても, これはいわゆる一つのバブルですか. だって, 盛り上がるテクニカルな事情は何もないもんな. gtk1.2 か? gnome? カーネルの 2.2? それで盛り上がってるのは, core の人だけでして. いや, そういうのが今回のブームの back bone になっているのは確かなのですがね. それにしても, 盛り上がり方が良くない. まあ, 騒ぐのは大いに結構だが, こういう強迫的な盛り上がり方というのは, 全くどうにかならんのかね. うぜえよ. はっきり言って. そうそう, 日経の Linux 雑誌はけっこう読ませる. 面白かった. それと, software design が, 知らん間にかなり面白くなっていた.