どこから来てんの?まじで.


アクセスログなんかたまにしか見ないし, 見ても CGI アタックを捜すのに grep -y cgi とかするだけだから, いったいどれくらいの人が訪れているのか把握していない. 単に書きたいことを適当に書いてるだけなので, 別に誰かに読ませようと思ってるわけでもないしな. 知合いが来て読んでりゃそれで良いと思っているのですよ. 知合いに, 「こないだのはおもろかった」と言われると, 悪い気分じゃない. 書きたいから書いてるだけで, 別にアクセスが無くたって平気なのさ. ところがどっこいだ.

まじで, どこで聞いたんでしょうかねえ. 全然知らん所から接続があるんですよ. しかもアタックじゃあなくて, 客で. どうなってんだ?どこで調べたんじゃ?蓋し, ネットワークは神秘よのう. しかも tail -f してると, メールの log よりも伸びるのが速い! どうかしてるよ.

といっても, どこから来たかを調べても, どういう人が来てるのか判るわけじゃないから しょうがないんですけどね. でも, 誰が見てるのか見当もつかんのでは, これは下手なこと書けんのう. 学校のサイトで「俺は法律が嫌いだから, 守るのに協力しない」とか わざわざでかい字で書いたりしてたら, ヤバい場合もあるでしょう. なんせ, 学校のネットワーク資源使ってやってるわけですから. 税金ですからね. 税金使ってラクガキを発表してるわけですから, これは控え目に言っても良くないことでしょう. しかも, 研究で真面目にネットワーク使っている人の帯域を圧迫しているという. こういう道楽は自分でプロバイダ借りてやりなさい, みたいな. しかも, うちのサイトのアクセスログ 46000行のうち, 俺関連で 38000行. 実に 82% が俺関連の接続ですからね. 事実上の私物化. その昔, 東大で巨乳がどうとかいうサイトをやってた学生が, 大目玉食らって たからねえ.

巨乳で説教くらうくらいならまだ良いぜ. 下手なこと書きたいけど, なんせこの世界, 洒落が判らん奴が多いからのう. 頭が悪くてで勤勉な奴を怒らせると, まじでタチ悪いでのぅ. わしは小学校でそういうのは懲りとるんよ. あんときは毎日が人民裁判で, わしは毎日吊し上げじゃった. もっとも, わしを吊すのは並大抵じゃあなかったみたいだけどな. まあ, それはそれでスポーツとして面白かったが, それにしても疲れたことは確かだ. 誰が見てるかわかんないから, キータッチも鈍るわ.

まあいいや. `.htaccess' でアクセス制限するのは, 何か問題が起こってからでいいや. それにしても, どうやってこの url を知ったのか, それを非常に知りたい. どこぞのリンク集に掲載されてでもいるのかな.

気を取り直していこう.

俺は散髪が嫌いだ. もちろん, 風呂も顔を洗うのも嫌いだ. 理由はめんどくさいから. 明快であろう. つうか, 顔なんか洗わなくたって死なんからのう. 死ななきゃ何やっても良いというつもりはないが.

散髪はめんどくさいが, 散髪屋はもっとめんどくさい. 俺は散髪屋が大嫌いだ. いままで散髪屋には 4回しか行ったことが無いのだ. 散髪屋の何が嫌いか? まず, 知らん散髪屋のおっさん(あるいは, ねえちゃん)と, 喋んないといけないところがむかつく. 東工大の大学院だというと, 「ほえー, かしこいのう」と言われるところもむか つく. 俺は頭は良いけど怠け者だから, 賢くはないよ. 専攻を聞かれると, 最高にうざい. 知らない奴に専攻を聞かれたときは, めんどくさいから「数学だ」ということにしているが, 散髪屋のオッサンにかぎ らず, たいていは数学というと三角関数を思い出すらしい. 「サインとかコサインとか, 全然解んなかったよ」 何が言いたいんじゃオヤジ!三角関数なんか, 俺の知ったことか!

そりゃ俺のやってることは難しいさ. 簡単なことをやってもしょうがないだろ. でも, だから俺が何か特別でヘンテコな奴だと思うのは全然勘違いも甚だしい. オッサンと同じようには散髪ができないから, 俺は散髪屋に来たのであり, オッサンは俺みたいに推論と計算ができないから, 俺が研究してるんだよ. 俺のやってることは難しいけど, この理屈は簡単だろ? 根拠無く卑屈になり, 相手を理解しようとしないのは, 失礼だよ. それとも, 相手に失礼な態度を取れば, 自分の価値が守られるとでも思ってるの かね. しかし, 相手の誇りを理解せぬものが名誉を云々するなど筋違いであろう.

などと思っても, なんせ散髪してもらってるのであるから, 「じゃかましわぇ!ごちゃごちゃ言わんと, 黙って仕事せぇ!」 とか, ちょっと言いにくいではないか. でも, 腹が減ってたら言うかも知れない な. 俺は, 腹が減ってると, むちゃくちゃに気が短く, 機嫌が悪くなり, 凶暴化 するのだ.

だから, 俺は自分で散髪する. 鏡が2枚あれば, 自分で散髪するのなんて, 簡単 だ. そりゃプロに比べりゃへたくそさ. でも, 俺の毛は細くてまっすぐなので, 散髪が簡単なのだ. 昨日も自分で散髪した. もう何年も散髪屋には行って ない. 散髪屋には悪いがな, 自分でやった方が金もかかんないし, 好きなように できるから良いのさ.

俺は散髪が嫌いだが, 嫁さんにいろいろと文句言われてうざいので, 2ヵ月に一回くらい散髪する. だから, 風呂も嫌いだし顔も洗わないが, そのわりにはマトモな外観を保持しているといえるかも.

散髪屋は, その昔, 外科医でもあったらしい. 海賊船では, そのうえ, 大工も兼ねていた. あ, すまぬ. 大工は兼ねてない. 大工と船長と医者は, その他の手下とは別枠 で分け前, つまり略奪品の分け前がもらえたのだった. それはそれとして. いきなり海賊船を引合に出して, 申し訳ない. なんせラクガキですから. 外科医の仕事は控え目に言ってもシンプルなもので, それは, 駄目になった手足の切断である. そういう散髪屋なら, 俺も喜んで行くぜ. それで, スゲエ船長の話を聞くのさ. こんな具合にな.

ロック船長てのは, 本物のろくでなしだったな. 奴はオランダ人だったが, 「ブラジル人」と呼ばれてた. 遠征から帰って来ると, ワインの大樽を道の真中に据えて, 通行人に誰彼かま わず無理強いして飲ませたもんさ. 奴はしじゅう抜き身のサーベルを掴んで道を歩いてた. それで誰かがちょっとでも奴の言 うことに逆らおうもんなら, 直ちに相手をまっぷたつにしちまったもんさ.
たまに, 散髪屋は俺に向かってこういう.
あんたが本物の男なら, そのうち俺の厄介になることがねえとは言えねえな. そうそう. 船を襲うんなら, 中途半端はいけねえ. 皆殺しに限るぜ. 昔から言うだろ. 「死んだ猫は鳴かねえ」ってな.
「死んだ猫は鳴かない」というのは, オヤジが誰かに説教するときの決まり文句 なのだ. こういう散髪屋, 無いかのう. ねえよ.