サングラスその後


探検隊の忘年会に, こないた書いた サングラス持って, 行って来た.

アイスクライミングで使用中に, 氷の破片が顔面を直撃してサングラスは吹き飛んだ. 「あーあ. いきなりデビューで死亡かよ. 」と思いつつ地面を物色して いると, ツルの取れた本体があった. 取れたツルは耳に挟まったままだった.

ツルと本体の接続は, 実はデコとボコを「ポチン」とはめ込むだけの単純な連結で, 今回のような事故ではそれが外れて破壊を防ぐ仕組みらしい. ばらけた部品を繋げば, 何事もなかったかのように, 元に戻った. サングラスで壊れるところといえば, ツルとレンズの連結部分だが, この解決はエレガントだ. こういう強度の出し方もあるのだ. 踏ん張るだけでは能が無い. コンピュータのコネクタとかに応用して欲しい設計思想だ. 特に, ノートパソコンのね. まあ, 氷の破片が直撃しても大丈夫な程の強度は不要だが, それは現状で十分だという理由にはならない.

今日, レ ミゼラブル という映画を見た. 試写会というものに行ったのは, これが初めてだ. 俺はこういうヒューマンドラマを味わう素養に欠けており, 見てても「ああ, ハガユイのう」くらいで, 特に何とも思わないのだが, 長い映画の割りには面白かった. 昔も今もケイサツてのは, やな所だねえ. フランスは警察国家だが, その根っ子みたいな所も見れて, なかなか味わい深い ところもある. なんせ元祖 Nation States だ. 近代の出身地だよ.

またまた話は変わる. ラクガキだからね. 今週の週間少年マガジンみたか? 巻頭が, あの MMR すなわち「マガジン ミステリ なんとか」である. お題は y2k つまり 2000年問題だ. y2k で人類は滅亡するらしい. そりゃえらいこっちゃ. まあ, それはいいんですが, 必見はグラビアのカレンダーだ. なんせ, 1999年といえばノストラダムスだが, この人類の危機を見逃すMMR で はない. その名も「人類絶滅カレンダー」だ!!

砂粒みたいのが描いてある画をじっくり見てると立体に見えて来るやつがあるが, その裸眼立体視を使って, 滅亡の日付が描いてある. ノストラダムスは, その 滅 亡立体視の上に「ぬおぉぉ」つう感じで屹立している. 漫画によると, なかなか のナイスガイだ. 画の左側にはカレンダー が書いてある. なんせ, 「絶滅カレンダー」つうくらいだからな. しかし, だ. さすがは絶滅カレンダーである. 絶滅予定日から先が

載ってない.

速攻でマガジンを getし, 部屋に貼れ. そして人類絶滅に備えよ. 待てよ, 絶滅 するんだから, 何も備える必要無いのか. わはは. 来年も大変そうじゃのう.